スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミステリ小説 日本

宮部みゆき ★★★★★

スポンサーリンク

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
宮部/みゆき
1960(昭和35)年、東京生れ。’87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。’89(平成元)年『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞。’92年『龍は眠る』で日本推理作家協賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞を受賞。’93年『火車』で山本周五郎賞を受賞。’97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞を受賞。’99年には『理由』で直木賞を受賞。’01年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、’02年には司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞

太字作品や★★★★★が特におすすめです。

宮部みゆき 龍は眠る

著者:    宮部みゆき
       みやべみゆき
発表:    1991年
発行所:   新潮文庫
価格:    1045円

宣伝文句

内容紹介(「BOOK」データベースより)
嵐の晩だった。雑誌記者の高坂昭吾は、車で東京に向かう道すがら、道端で自転車をパンクさせ、立ち往生していた少年を拾った。何となく不思議なところがあるその少年、稲村慎司は言った。「僕は超常能力者なんだ」。その言葉を証明するかのように、二人が走行中に遭遇した死亡事故の真相を語り始めた。それが全ての始まりだったのだ…宮部みゆきのブロックバスター待望の文庫化。

帯、カバー、裏表紙等から引用
タイトル     発表 感想
龍は眠る1991読心能力で味付けしたミステリは著者の得意分野。

宮部みゆき 長い長い殺人

著者:    宮部みゆき
       みやべみゆき
発表:    1992年
発行所:   光文社文庫
価格:    734円

宣伝文句

内容紹介(「BOOK」データベースより)
轢き逃げは、じつは惨殺事件だった。被害者は森元隆一。事情聴取を始めた刑事は、森元の妻・法子に不審を持つ。夫を轢いた人物はどうなったのか、一度もきこうとしないのだ。隆一には八千万円の生命保険がかけられていた。しかし、受取人の法子には完璧なアリバイが…。刑事の財布、探偵の財布、死者の財布ー。“十の財布”が語る事件の裏に、やがて底知れぬ悪意の影が。
著者情報(「BOOK」データベースより)

帯、カバー、裏表紙等から引用
タイトル     発表 感想
長い長い殺人1992財布が語るという物語という点で凄い。

宮部みゆき 火車

著者:    宮部みゆき
       みやべみゆき
発表:    1993年
発行所:   新潮社
価格:    1249円

宣伝文句

内容紹介(「BOOK」データベースより)
休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消してーなぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか?いったい彼女は何者なのか?謎を解く鍵は、カード会社の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。

帯、カバー、裏表紙等から引用
タイトル     発表 感想
火車1993どちらかというと、借金という社会問題の提起の比重が大きく、ミステリとして薄くなってきた。

宮部みゆき 蒲生邸事件 ★★★★★

著者:    宮部みゆき
       みやべみゆき
発表:    1996年
発行所:   文春文庫
価格:    895円

宣伝文句

内容紹介(「BOOK」データベースより)
二・二六事件の当日、蒲生大将が自宅で拳銃自殺。だが、殺人の疑いも出てきた。戦争への色濃さを増す戒厳令下の東京にタイムスリップし、事件に巻き込まれた孝史はどう行動するのか。再び現代に戻って来られるのかー。大きな歴史の転換点に送り込まれた時、人には何が出来るのかを問う、著者会心の意欲作。

帯、カバー、裏表紙等から引用
タイトル     発表 感想
蒲生邸事件1996ミステリというより、二二六事件を体験できるドキュメンタリーのようで、臨場感が抜群。

宮部みゆき 理由

著者:    宮部みゆき
       みやべみゆき
発表:    1998年
発行所:   新著者
価格:    1980円

タイトル     発表 感想
理由1998バブル崩壊後の世相を反映した事件の、哀しい真相。

宮部みゆき R.P.G

著者:    宮部みゆき
       みやべみゆき
発表:    2001年
発行所:   集英社文庫
価格:    726円

タイトル     発表 感想
R.P.G2001インターネット上の仮想空(?)をめぐる事件。最先端技術を扱うのは著者には不向きか。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました