スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミステリ小説 日本

有栖川有栖

スポンサーリンク

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 有栖川/有栖 1959年4月26日、大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業。89年1月「月光ゲーム」でデビュー。2003年「マレー鉄道の謎」で第56回日本推理作家協会賞、08年『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞を受賞。本格ミステリ作家クラブ初代会長。

太字作品や★★★★★が特におすすめです。

有栖川有栖 月光ゲーム

著者:    有栖川有栖
       ありすがわありす
発表:    1989年
発行所:   創元推理文庫
カバーアート:大路浩実
価格:    580円

宣伝文句

本書は、閉ざされた空間で連続して起こる殺人事件がメインテーマである。第一の死体の傍らにYと記されたダイイングメッセージが残されており、そこから「Yの悲劇’88」というきわめて魅力的な副題が生まれてくる。結末近くには型通り読者への挑戦状が挿入されており、クイーン・タイプの謎解きミステリを愛する読者には(かく言う筆者はもとより)恰好の贈り物といえよう。鮎川哲也

夏合宿のために矢吹山のキャンプ場へやってきた英都大学推理小説研究会の面々―江神部長や有栖川有栖らの一行を,予想だにしない事態が待ち構えていた。矢吹山が噴火し,偶然一緒になった三グループの学生たちは,一瞬にして陸の孤島と化したキャンプ場に閉じ込められてしまったのだ。その極限状況の中,まるで月の魔力に誘われでもしたように出没する人鬼。その魔の手にかかり,ひとりまたひとりとキャンプ仲間が殺されていく…。いったい犯人は誰なのか? そして,現場に遺されたYの意味するものは何? 平成のエラリー・クイーン=有栖川有栖の記念すべきデビュー長編。

帯、カバー、裏表紙等から引用
タイトル     発表 感想
月光ゲーム1989日本のエラリー・クイーンの処女作。本格ながら、若くないと描けないような箇所が微笑ましい。

有栖川有栖 孤島パズル

著者:    有栖川有栖
       ありすがわありす
発表:    1989年
発行所:   創元推理文庫
カバーアート:辰巳四郎
価格:    680円

宣伝文句

紅一点会員のマリアが提供した“余りに推理研的な”夏休み─旅費稼ぎのバイトに憂き身をやつし、江神部長以下三名、宝捜しパズルに挑むべく赴いた南海の孤島。バカンスに集う男女、わけありの三年前、連絡船の再来は五日後。第一夜は平穏裏に更けるが、折しも嵐の第二夜、漠とした不安感は唐突に痛ましい現実へと形を変える。晨星落々、青空に陽光が戻っても心は晴れない…。

帯、カバー、裏表紙等から引用
タイトル     発表 感想
孤島パズル1989やっぱり甘酸っぱい青春本格ミステリ。読者への挑戦もあるよ。

有栖川有栖 マジックミラー

著者:    有栖川有栖
       ありすがわありす
発表:    1990年
発行所:   講談社文庫
カバーアート:辰巳四郎
価格:    540円

宣伝文句

双子の兄弟が殺人犯? しかし兄の妻が余呉湖畔で殺されたとき、兄は博多、弟は酒田にいてアリバイは完璧だった。やがて第二の殺人。兄弟のどちらかが被害者らしいが、死体からは頭と手首が失われていた。犯人の狙いはどこに? 犯人の大トリック、多彩な伏線が、結末で読者を仰天させる、大型新鋭の傑作。

帯、カバー、裏表紙等から引用
タイトル     発表 感想
マジックミラー1990だいぶ青臭さがとれて、アリバイ崩しなど、より本格らしくなってきた。

有栖川有栖 双頭の悪魔

著者:    有栖川有栖
       ありすがわありす
発表:    1992年
発行所:   創元推理文庫
カバーアート:大路浩実
価格:    1040円

宣伝文句

“他人を寄せつけず奥深い山で芸術家たちが創作に没頭する木更村に迷い込んだまま、マリアが戻ってこない。救援に向かった英都大学推理研の一行は、大雨のなか木更村への潜入を図る。江神二郎は接触に成功するが、ほどなく橋が濁流に呑まれて交通が途絶。川の両側に分断された木更村の江神・マリアと夏森村のアリスたち、双方が殺人事件に巻き込まれ、各々の真相究明が始まる…。

帯、カバー、裏表紙等から引用
タイトル     発表 感想
双頭の悪魔1992時代背景的に古く感じるところはあるものの、お騒がせ女が導く、もう一つの騒動。

有栖川有栖 スイス時計の謎

著者:    有栖川有栖
発表:    1998年 ~ 2003年
発行所:   講談社文庫
カバーアート:荒木慎司
価格:    571円

宣伝文句

二年に一度開かれていた〝同窓会〟の当日、メンバーの一人が殺され、被害者のはめていた腕時計が消失!いったいなぜか……。火村の示した間然するところのない推理に「犯人」が最後に明かした「動機」とは。表題作ほか謎解きの醍醐味が堪能できる超絶の全4篇。ご存国名シリーズ第7弾、これぞ本格だ!

帯、カバー、裏表紙等から引用
タイトル     発表 感想
あるYの悲劇2000ダイイング・メッセージが「Y」に見える。
女彫刻家の首1998被害者の頭部を切断して、石膏とすり替えたのは、芸術目的ではない。
シャイロックの密室2001強力な磁石ならば、銃を引き寄せられるか。
スイス時計の謎2003これほどの高級時計を破壊するのは、もったいない。

有栖川有栖 マレー鉄道の謎

著者:    有栖川有栖
       ありすがわありす
発表:    2002年
発行所:   講談社NOVELS
カバーアート:辰巳四郎
価格:    940円

宣伝文句

マレー半島を訪れた推理作家・有栖川有栖と臨床犯罪学者火村英生を待ち受ける「目張り密室」殺人事件! 外部へと通じるあらゆる隙間をテープで封印されたトレーラーハウス内の死体。この「完璧な密室」の謎を火村の推理は見事切り伏せられるのか?真正面から「本格」に挑んだ、これぞ有栖川本格の金字塔!

帯、カバー、裏表紙等から引用
タイトル     発表 感想
マレー鉄道の謎2002ちょっとトラベルっぽい密室ミステリ。

有栖川有栖 女王国の城

著者:    有栖川有栖
       ありすがわありす
発表:    2007年
発行所:   東京創元社
カバーアート:大路浩実
価格:    1200円

宣伝文句

舞台は、急成長の途上にある宗教団体〈人類協会〉の聖地、神倉。大学に顔を見せない部長を案じて、推理小説研究会の後輩アリスは江神二郎の下宿を訪れる。室内には神倉へ向かったと思しき痕跡。様子を見に行こうと考えたアリスにマリアが、そして就職活動中の望月、織田も同調、四人はレンタカーを駆って木曾路をひた走る。〈城〉と呼ばれる総本部で江神の安否は確認したものの、思いがけず殺人事件に直面。外界との接触を阻まれ囚われの身となった一行は決死の脱出と真相究明を試みるが、その間にも事件は続発し……………。入れない、出られない、不思議の〈城〉江神シリーズ待望の書き下ろし第四長編

帯、カバー、裏表紙等から引用
タイトル     発表 感想
女王国の城2007オウムほど凶悪でない宗教団体での冒険。このマリアはどうも苦手だ。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました